ピヨピヨ日記

毎日ピヨピヨしています

誰でも簡単にオリジナル暗号通貨を作成できるサービス

プログラミング等の知識を必要とせず、誰でも簡単に Ethereum ベースのオリジナル暗号通貨(ERC20トークン)を作成することのできるサービスを作ってみました。ウェブサイト上で、トークン名・トークンシンボル・トークンの最大発行量を指定するだけで ERC20トークンを作成することができます。

 

https://piyolab.github.io/TokenGenerator/

 

ERC20トークンの実体はスマートコントラクトですが、このサービス自体もスマートコントラクトで作られていて、スマートコントラクトでスマートコントラクトを生成する形になっています。

 

このサービスにより、より多くのひとがオリジナルのトークンを作成したり配布したりできるようにすることで、素早く実験したり面白いアイディアを簡単に試すことができればと考えています。

カナダはトランジットでもビザ(電子渡航認証)が必要

昨日サンフランシスコからカナダのバンクーバー経由で羽田に帰ろうと、サンフランシスコ空港でチェックインしようとしたら、航空券を受け取ることができなくてあせった。

理由を尋ねたら、カナダでは空路で入国して飛行機を乗り換えるだけ、つまりトランジットをするだけでも、ビザというかeTAと呼ばれる電子渡航認証が必要らしい。

そんなの知らなくてめちゃくちゃ焦ったけど、空港のカウンターで持っていたラップトップから 公式サイトを開いてその場で eTA を取得できたのでなんとかなった。

通常数分で取得できるみたいだけど、ラップトップ持っていなかったり、クレジットカードがないと普通に詰むし、公式サイトにも「数日かかることもあります」とか書いてあっておそろしい。

とにかくカナダはトランジットでもビザ(電子渡航認証)が必要って覚えておこう!

31歳になってしまった

今日は、31歳になってしまったし、そろそろ iOS で動く Ethereum のウォレットくらいは作れる大人にならなければと思いつくってみた。できることはアカウント作成と Ether の送付だけだけど、ちゃんと動いたのでうれしい!

 

gyazo.com

 

iOS 向けの Geth を CocoaPods で入れて、アカウント作成と transaction の sign までを Geth で行い、Infura の JSON RPC API に sign 済みの transaction を投げる、という構成にしてみた。

 

実際に iOS アプリから送った transaction がこちら。

 

Ethereum Transaction 0x6ee89685152a8a0ff25ae62adcd6c10097039f2a8aa1de3a6b44878706ebbd30

 

ウォレットの名前は PiyoWallet。今日の朝くらいから書きはじめて、やっと先ほど動くものができた。Geth とかの使い方はけっこう早くに目処がついたけど、主にSwiftのキャッチアップに時間がかかってしまったのでもっと Swift 書かないと。

 

それにしても時が経つのは早すぎておそろしい。もっと好きなことをどんどんやらないと。

 

MetaMask を使用した暗号通貨 Ether の投げ銭・寄付受け入れ機能の導入方法

個々人がコンテンツに対しての対価を様々な方法で払うことのできる未来はいい未来だと思うので、その1つの手段として暗号通貨 Ether の投げ銭・寄付受け入れ機能*1をけっこう簡単に導入する方法を書いてみることにしました。

あと、日本でも暗号通貨投資とかから一歩進んで、みんながもっと MetaMask とか Trust アプリとかを使うようになって、結果的に DApps の世界ももっと盛り上がって楽しい感じになったらいいなあ、という魂胆もあります。

 

この記事の概要

  1. ブログやウェブサイトに暗号通貨 Ether の投げ銭・寄付受け入れ機能を追加するコードスニペット(ブログパーツ)を紹介します。
  2. 暗号通貨の投げ銭・寄付を受け入れる場合は、ウォレットのアドレスを表示しておくだけなのが一般的ですが、MetaMask を使うことでボタン1つで Ether を送付できる機能を実現します。*2
  3. (ほぼ)コピペでできます。

 

こんな感じでうごきます

f:id:plygnd:20180427211139g:plain

 

暗号通貨によるブログやウェブサイトのマネタイズ

近年、ブログやウェブサイトのマネタイズ方法として、記事やコンテンツを気に入ってくれた読者から暗号通貨を投げ銭的に受け入れる、という方法をとっているウェブサイトが増えてきているように思います。*3

多くの場合は、 Ether や Bitcoin などの暗号通貨のウォレットアドレスをウェブサイトに貼っておき、そのウォレットアドレスに対して暗号通貨を送ってもらうような形をとっています。たとえば、次のような Ethereum のウォレットアドレスを記事に貼っておき、読者のウォレットアドレスから Ethereum の寄付を受け付ける、といった方法がとられています。

 

0x96e530a7a5fdAf3b041BdB8c3ABF30EeD1621eA9

 

ボタン1つで Ethereum による寄付・投げ銭を可能に

上述の方法でも暗号通貨の寄付や投げ銭を受け入れることはできるのですが、より簡単に ・より早く Ethereum の寄付や投げ銭を受け入れる方法として、MetaMask を活用した方法があります。

MetaMask は Chrome ブラウザのプラグインとして使用できる Ethereum のウォレットですが、単純なウォレットとしての機能以外にも DApps やスマートコントラクトと呼ばれる分散型アプリケーションにアクセスするための機能も持っています。最近では、DEX(分散型取引所)を使用するために MetaMask を導入した方も多いかと思います。

この記事では、 MetaMask に対応したボタンをブログやウェブサイトに設置することで、MetaMask をすでにインストールしている読者がボタン1つで Ether を寄付・投げ銭することができるコードスニペット(ブログパーツ)を紹介します。

 

導入例

以下の画像は、実際に別のブログ*4に掲載している Ether による寄付・投げ銭受け入れボタンのスクリーンショットです。

 

f:id:plygnd:20180427212308p:plain

 

MetaMaskをインストール・ログインしている状態で、この「ETH を送ってこのサイトを応援する!」というボタンを押下すると、 つぎのようにMetaMask の画面が開きます。読者が MetaMask の「SUBMIT」ボタンを押すだけで、投げ銭・寄付が完了します。

 

f:id:plygnd:20180427212346p:plain

実際に、以下に「TIP $ETH」というボタンを設置してみました。MetaMask を使っている方は、下のボタンを押して動作するか確認してみてください。MetaMask に慣れている方であれば、数秒もかからずに投げ銭・寄付を実行することができるかと思います。

 

TIP $ETH

 

本記事のコードを使用する前の注意点

  1. あらかじめ Ether の寄付・投げ銭を受け入れるためのウォレット(アドレス)を用意してください。
  2. HTML/JavaScript/CSS の基礎的な知識があることが前提となっています。
  3. バージョン変更等により、将来的にコードが動作しなくなる可能性があります。
  4. この記事の情報やコードによって生じた損害等について執筆者は一切の責任を追うことができないことを了承したうえでご利用ください。

 

コードスニペット(ブログパーツ)を使用する前に 1

以下のコードスニペット(ブログパーツ)をウェブサイトに貼ると、「ETH を送ってこのサイトを応援!」というボタンが表示されます。MetaMask にログインしている状態でボタンをクリックすると MetaMask が開き、Ether 送付の確認画面が表示されます。

また、MetaMask をインストールしていない場合や、ログインをしていない場合は代替テキストが表示されます。

なお、ボタンに表示されるテキスト等変更したい場合は、"eth_tip_button" という ID が指定されている a 要素を適宜変更してください。

 

コードスニペット(ブログパーツ)を使用する前に 2

以下のコードスニペット(ブログパーツ)を使用する前に、次の変数の値を変更してください。

  • ETH_ADDRESS: Ether を受け入れるウォレットのアドレスをセットします。読者の投げ銭・寄付はここで設定されたウォレットのアドレスに送付されるため、必ず忘れずに正しいものに変更してください。
  • ETH_VALUE: 投げ銭・寄付として受け入れたい Ether の量をセットします。デフォルト値は 0.01 Ether となっています。
  • ETH_DEFAULT_GAS_PRICE: Ether のトランザクション送信の手数料(Gas)の初期値です。Ether のトランザクション送信時に読者が任意の値に変更可能です。 デフォルト値は 21Gwei です。通常はデフォルト値のままで良いと思います。
  • ETH_SUCCESS_MESSAGE: MetaMask を使用して無事に Ether のトランザクションが送信されたときに、読者に表示されるメッセージです。
  • ETH_ERROR_MESSAGE: なんらかの理由で MetaMask を使用したトランザクション送信に失敗したときに、読者に表示されるメッセージです。
  • ETH_WEB3_UNAVAILABLE_MESSAGE: MetaMask を使用できないときに、読者に表示されるメッセージです。

 

コードスニペット(ブログパーツ)のコード

このコードスニペット(ブログパーツ)を、Ether の投げ銭・寄付受け入れボタンを表示したい箇所に追加してください。なお、ETH_ADDRESS に設定されている値は必ず自分のウォレットのアドレスに変更してください。

 

tip_eth.html

 

おまけ: Ether の量を指定できるバージョン

上記のコードを少しだけ改造し、読者が送りたい Ether の量を指定できるようにしたコードです。このコードを追加すると、次のように表示されます。

 

ETH を送ってこのサイトを応援!

 

tip_eth2.html

 

ちなみに、、この記事の背景

実はこの記事、なんか友人の間で note.mu にコードを記述できるようになったし、有料記事を書く実験をしてみよう!ということで、note.mu 向けのネタとして考えた内容なんだけど、記事の趣旨的にオープンにしたほうが合っているし、そもそもニッチすぎる内容なので、無料公開にして、ここにもほぼ同じ内容で書いておくことにしました。

note.mu のほうでは意図的に「暗号通貨」ではなく「仮想通貨」という言葉を使ったり、「Ether」ではなく「Ethereum」と記述したりしていたので、このブログではその辺なおしました。

note.mu は文章書きやすいし、記事を書くときの有益な tips を表示してくれたりするので、もうちょっと頑張って使っていってみようかな、という感じ。

 

最後に

もしこの記事が役立ったら、MetaMask を使って、下のボタンを押して tip してくれたら嬉しいです!

 

ETH を tip!

 

 

 

*1:まあ、Web3.js で Ether のトランザクションを実行するだけのコードなんだけどね

*2:もちろん MetaMask だけでなく、Trust アプリでも動作します。

*3:実際に投げ銭を投げている人がどのくらいいるかはわからないです。暗号通貨を送付する手間が大きいので、支援をしたいけど暗号通貨送付の手間がハードルになっている人も少なくないだろうと考えています。この記事では、その手間を最小限にする方法の1つを提案します。

*4:全然記事かいてない...

ERC20トークンの脆弱性として報告された batchOverflow バグについてのめも

なんだか batchOverflow バグで ERC20 トークンの脆弱性がやばい!って騒ぎになっていたので、この問題を報告してた Medium の記事を読んでみて、そこに書かれているコードも読んでみました。

 

結論からいうと、今のところ ERC20 標準そのものの問題ではなくて、一部の ERC20 トークンを実現しているスマートコントラクトの実装に欠陥があった、という認識です。

 (なので ERC20 やばいんだ!と盲目的に騒ぐのはキケンだと思います)

 

まとめ

  • すべての ERC20 トークンで起きる問題ではない(重要)。
  • ERC20 標準そのものに欠陥があるわけではない。
  • ということで、ERC20 というより、個別のスマートコントラクトの実装の問題、といったほうが適切(だと思う)。
  • 具体的には、いくつかの ERC20 トークン(のスマートコントラクト)で実装されている batchTransfer メソッドに脆弱性がある。
  • 非常に単純な整数のオーバーフローが原因。
  • Medium の記事でも指摘されているけど、 問題のあるトークンが Exchange で取引可能で、BTC とか ETH の価格操作に利用されてしまう可能性があるのが真の問題。
  • たぶん、SafeMath を使えば、普通に assert されて起きないはず。

 

以下、この問題の報告者の Medium  に掲載されていたコードを読みながらコメントをつけてみました。

 

batchOverflow with comments in Japanese

 

他の箇所ではちゃんと SafeMath つかっているっぽいのに、なんで amount の計算だけ生で積算してるんだろう??

 

良い子のみんなは素直に SafeMath つかおう!

 

それにしてもブロックチェーンやらスマートコントラクトの社会実験しちゃっている感はやっぱり面白いなあ。

 

Reference

KickStartrer の Ethereum 版をつくりたい、とか

すでにあるかもしれないけど、KickStartrer の Ethereum 版をつくりたい。スマートコントラクトの使いどころは、集まった資金(Ether)の使い途についてBackerが投票を行い、進捗状況によっては返金ができる仕組みを作れるところ。クラウドファンディングの課題である資金の持ち逃げを防ぐことができる。DAO 的ではあるけど、資金の集め方は通常のクラウドファンディングなので、ICO関連の規制から外れる?

 

今日は温泉最終日だった。温泉でゆっくりするのはなかなかよかった。生活習慣の改善としてもとてもいい。

 

ちょっとネガティブなことを以下に。

 

今日行ったところ、温泉自体はとてもよかったけど、某東アジア系の観光客が多すぎて、うるさいしマナー悪いしでつらかった。日本が相対的に安い国になってしまうことで、外から一気に人が流入して僕が好きな日本が壊されてしまわないか最近本気で心配してる。僕が彼らの国に行くときは彼らの文化や風習に合わせるので、こちらにくるときはこちらに合わせてほしいなあ。こういった意見でもレイシストとして捉えられてしまうのだろうか。

 

もちろん賑やかな温泉旅館があってもいいんだけど、今回の経験で僕が温泉旅館に期待していることは、静かに過ごせる非日常の空間だということがわかった。たぶん、旅館側がその辺配慮をしてくれれば、注意等でもう少しどうにかなるのかな?とはいえ、温泉のなかまでみることはできないし、注意書きがたくさんあっても過ごしづらいからなあ。

 

何か賢い問題解決の方法を考えたい。(今のところ会員制か差別的な手段しか思いついていない。。)